ボディーガード

ストーカーは病気?その原因と治療方法とは?

 

3年連続で2万件超え

2013年から15年にかけて
警察庁が把握した

「ストーカー事案」

認知件数です。(警察庁の統計資料より)

取り締まりが厳しくなっても
なぜストーカーは増え続けるのか?

ストーカーという人間は

どういう人間なのかな?

単なる犯罪者として
対処していけるのか?

とても疑問です!

スポンサーリンク

ストーカーは病気?

 

自分はいつも

「ストーカーは病気」

こう言ってきました。

先日、ある新聞に
東京の小金井市で
芸能活動をしていた
女子大生が襲われた事件を受けて

ストーカーに詳しい
精神科医の福井裕輝先生のコメントで

「ストーカー病」

と、使っていました。

福井先生の見解では

ストーカーには

「被害者感情」
「激しい思い込み」
「愛憎の入り混じったしつこさ」
「飛躍した衝動性」

の共通点があると言っています。

そしてストーカーは

相手の心情を読み取ることができず
自分の感情を整理することも非常に苦手で
これらの特徴を併せ持った状態を

「ストーカー病」

と名付けたそうで

「ストーカーは病気として治療が必要」

としています。

自分の経験でも
福井先生の考えに納得です。

精神疾患者と同じで

「ストーカー自身は
 自分が病気だと思っていない」

しかし、第三者から見ると

「考え方、行動」

は、異常に見えます。

人権問題もありますが

強制的にでも
早い治療が必要だと思います。

 

ストーカー病の原因は?

 

ストーカー病の原因として
福井先生は

ストーカーは

自分を切り捨てた相手を
恨みで心に痛みを抱えてしまい

相手の苦しむ姿が
自分の心の痛みを和らげてくれる

「他人の不幸は蜜の味」

になってしまっていて

心の痛みが大きければ大きいほど
相手への恨みも大きくなり

相手を不幸に陥れたいという
欲求がコントロールできない

「恨みの中毒症状」

の状態にあるとしています。

『ストーカー加害者 私から、逃げてください』
(田淵俊彦、NNNドキュメント取材班:著/河出書房新社)

 

この本の内容には

ストーカーの心理として

「執着型」「求愛型」「一方型」

この3種類について書かれています。

「執着型」

 

元恋人など親密な人間関係が壊れた時に
ストーカーになるケース。

スポンサーリンク

別れるという選択肢がないため
ストーカーになるしかなかった。

「求愛型」

 

ちょっとした知り合いが
ストーカーになるケース。

一方的に好意を抱き
電話で何度もデートに誘い
メールでプロポーズを繰り返すなど。

自分の行為について反省はしても

「誠意は伝わるはず」

相手から自分が
疎(うと)まれていることが
認識できていない。

「一方型」

 

加害者と被害者は面識がないケースが多い。

一方的に関心を寄せ
メールや電話だけでなく
相手宅へ押し掛けるなど。

「相手に対して何かを求めている
ほとんど無いです」

相手を自分の中で理想像に作り上げ
その理想像にアピールすることが
生きがいになる。

相手が逃げて会えなくなったことを

「逃げてくれて、助かった」

こう、答える加害者です。

「ストーカー病」

治療が必要な脳の病気

精神科医の福井裕輝氏先生は

被害者を増やさないようにするためには
医師と警察が連携を図り加害者に

「医療的・心理的治療をすることが必要」

と、主張されています。

また、高校生に対して

デートDVや
ストーカー防止のプログラムを
実施する専門家によると

高校生の恋愛であっても
DVや
ストーカー被害の報告がある
と、言っています。

突然あなたが
被害者や加害者になってしまうかも?

ストーカー問題は他人事ではありません!

 

ストーカー病の治療方法は?

 

ストーカー治療としては

認知行動療法が有名ですが

他にも
個別の精神療法や
集団療法などもあります。

詳しくは専門病院もありますので
問い合わせてみてください。

認知行動療法は

「認知(物事の捉え方)や思考」

「行動」
に焦点を当てていきます。

抱える問題を理解し
その問題への対処法や解決法を探っていく
比較的短期集中型の心理療法です。

条件反射制御法という
脳の訓練法もあります。

警察が連携している診療所
ほっとステーションでも
この治療法を取り入れています。

やめなければいけないと分かっていても
過去にやっていたような状況が揃うと
欲求が高まり行動に移してしまいます。

条件反射制御法とは
やりたくなるという欲求を
抑えるプログラムです。

まとめ

 

加害者への
治療の促し方にも検討が必要です。

情報提供を受けた医師が
治療不要と判断したり

今後受診予定だったりする人もいますが

「自分は病気ではない」
「治療費がかかる」

これらの理由で治療を拒否します。

自分がいわゆる精神病であると
受け入れる加害者はまれです。

警告や逮捕のタイミングで
加害者に義務としてカウンセラーと面談する
こういう仕組みも必要でしょう?

日本の司法では治療命令が出ません。

刑罰と合わせて
加害者には治療命令を出し
刑務所内や出所後に治療を受けさせるなど

今後、日本において
加害者がいつでもどこでも
ストーカーの治療法受けられる体制を
確立していくことが課題でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ボディーガード

    デートDVとは?DV加害者の特徴と対処方法!

    DVの相談件数は「10万件以上」こ…

  2. ボディーガード

    安全マップの作り方は?危ない通勤、通学路や公園とは?

    安全マップは子供自身に犯罪に巻き込まれない能力…

  3. ボディーガード

    DVシェルーターの現状は携帯もダメ 入り方など徹底調査!

    肉体的暴力、言葉の暴力時には殺人に至るケースも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボディーガード

    デートDVとは?DV加害者の特徴と対処方法!
  2. 極真カラテ

    極真空手の合宿の費用やメニューは?今と昔の違いを紹介します。
  3. ボディーガード

    ボディーガードが行う道路の防犯対策とは?
  4. 護身術

    ボディーガードやSPの護身術は武器にも対抗できる?
  5. ボディーガード

    ボディーガードが教える女性の一人暮らしの心得と防犯グッズ!
PAGE TOP