ボディーガード

ストーカー対策を知らない人はボディーガードを依頼すべき!

 

ボディーガードと探偵の違いは?

普通にイメージできると思いますが

現実には
同じ仕事をいていることもあります。

ボディーガードの
探し方が判らないから

ストーカー対策を
探偵に依頼するケースもあります。

ストーカー対策には
探偵とボディーガードのどちらが良いのか?

その仕事内容をご紹介しましょう!

スポンサーリンク

ボディーガードは探偵もできる?

 

 

SP ボディーガードの訓練で
かなりの時間をかけて尾行訓練をします。

襲撃者は対象者の行動を監視し
襲撃できる場所と時間を探っています。

ですから尾行、監視の仕方を訓練して

「今、尾行されているとしたら?」

「監視されているとしたら?」

この視点から

襲撃者の行動を考え
尾行や監視のポイントを警戒します。

自分も探偵の応援で
浮気調査をしたことがありますが

浮気をしている人の警戒感は
普通のサラリーマンでも半端ありません(笑)

SP ボディーガードに
カメラやビデオなど探偵の機材があれば
即興で探偵になれると思います。

さすがにプロの探偵ほど
機材の扱いは手早くはいかないと思いますが

尾行と監視については
負けないだけの能力はあると思っています。

ストーカー対策において
ストーカーが誰かを特定できていないときは

ストーカーを特定するために
クライアントを警護しながら
ストーカーをつきとめなければ
解決できません。

ボディーガードも
尾行と監視の能力が必要で

ストーカーの証拠集めとして
カメラ、ビデオを駆使します。

 

 

ボディーガードと探偵のストーカー対策の違いは?

 

 

探偵学校も学校ごとに全く違い
尾行のノウハウやコツを詳しく扱う学校や
機材の扱い方を特に詳しく扱う学校もあります。

探偵でもいろいろ得意分野があって

・浮気調査専門
・盗聴器発見専門
・企業の内部調査専門
・別れさせ屋

などなど
探偵だから
調査全般を全てできるとは限りません。

では、調査だけでなく
護身について教える学校もあるのか?

決して多くはありませんが
そのような探偵育成学校もあるようです。

ストーカー対策、調査中のトラブルなど
探偵自身も危険にさらされることがあるからです。

ストーカー対策で
探偵業界が宣伝文句としているのは

「依頼者の安全を守りつつ
危害を加えようとする相手を割り出したり

その相手を訴えたりするための
証拠を押さえたりすることもできる。

基本的にボディーガードは
単に警護しているだけでは
その危険は根本的解決には至りません」

スポンサーリンク

言っている意味はその通りですが
探偵がSP ボディーガードと同様の
警護ができるとは思えません。

現実に自分たちが
探偵の応援で警護することはあります。

そして
SP ボディーガードの
身辺警護もストーカー対策と同様に

襲撃者が誰なのかが問題となります。

クライアントを警護しながら
別のSP ボディーガードが
クライアントを尾行、監視している
襲撃者を探します。

相手を尾行、監視するときは
待ち伏せから始まります。

会社の帰り、家を出るときなど
相手を待ち伏せして尾行が始まり
生活の監視に繋がります。

ボディーガードは
その待ち伏せポイントを探して
襲撃者を待ち伏せをします。

 

襲撃者が誰なのか?

 

この時に

「不審者とは?」

と、なりますが

不審者ってわかりますか?

見るからにおかしな人は
ちょっと変わった人であって
不審者ではありません(笑)

目線や行動全体を見て
不審者かどうかの判別になります。
それも特定の人に対してだけですけどね。

それを見つけられるかどうかで
結果が変わります。

ボディーガードと探偵の違いは
証拠集めや人捜しのプロか
人を守ることがプロかの違いでしょう。

ストーカー対策について
詳しくはこちらをどうぞ。
ストーカーとはどんな人間なのか?その行為とストーカー対策の第一歩!

 

 

ストーカー対策はボディーガードと探偵のどちらが良い?

 

 

ストーカーに限らず
身の危険を感じたときに

探偵に依頼するか
ボディーガードを探すかは

その状況によって違うでしょう。

探偵事務所に
ボディーガードを依頼をするときは

「警備業認定証」

を、持っているかを確かめ
本当に自分を守ってくれるだけの
警護能力があるかどうかを
見極めることが大切です。

正式な契約を行う場合は
身辺警護 ボディーガードに関しては
探偵業ではなく警備業務であり
警備業法第2条1項4号です。

探偵業法、警備業法共に
他人の需要に応じて行う場合が
法律の対象になります。

企業等において
自社の役員を警護するため
専門のスタッフを自社で雇う事は
違法ではありません。

個人が個人に対して
ボディーガードを頼む事は
全く問題はありません。

例えばストーカー対策で

ストーカー行為の
証拠集めが主体の案件か?

つきまといや要求が多く
身に危険を感じるストーカーなのか?

こう考えると
イメージし易いのではないですか?

 

 

まとめ

 

 

探偵とSP ボディーガード

全く違う世界のようで
現実には

似たような仕事をする場合があります。

探偵の本業は調査です。

ボディーガードの本業は警護です。

本来は全く違う内容ですが
依頼の内容次第で

調査と警護が混在する場合が出てきます。

その状況状況でお互いにプロとして
助け合える環境があれば
一番いい結果となるでしょうね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ボディーガード

    私がボディーガードによる精神疾患者入院移送を始めたきっかけ

    ボディーガードによる精神疾患者の病院への入院移…

  2. ボディーガード

    ボディーガード目線での家の防犯対策とお勧めの防犯グッズ!

    SP ボディーガードSPの基礎知識は防犯対策に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボディーガード

    DVシェルーターとは?DVシェルターの連絡方法や場所そして現状!
  2. ボディーガード

    SPやボディーガードを民間で雇う時の料金は警護対象者で違う?
  3. ボディーガード

    ボディーガードが教える子どもの留守番は何歳から?注意することは?
  4. ボディーガード

    小宮信夫先生の安全マップとは?ボディーガードも同じ目線です!
  5. 極真カラテ

    空手の合宿で子供の練習メニューは?今と昔の違いを紹介します!
PAGE TOP