ボディーガード

ボディーガードを雇うとどんなことをしてくれるの?その仕事内容とは?

 

ボディーガードを探しているあなたは

「ボディーガード」

どんなイメージがありますか?

どんな人に護って欲しいですか?

ボディーガードを必要としている人は

・企業の役員
・弁護士
・医師
・大学教授
・ストーカー被害者
・DV被害者
・普通の主婦の離婚時
・OL

などなど

多岐にわたっています。

私自身は
ひきこもりや
精神疾患者の対応もしています。

ここでは
ボディーガードを探している人へ

ボディーガードとは

「どんな人?」

「どんなことをしてくれるの?」

これらのことをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ボディーガードとは?

 

ボディーガードとは
護る対象者のそばにいて

「襲ってきたヤツを倒せば良い」

こう思っている
体格の大きな格闘家ではありません!

昔はボディーガードというと
用心棒のイメージが強かったのですが

ドラマや映画の影響で
アメリカのシークレットサービスのように

「スーツに無線機とサングラス」

このイメージの人が増えたと思います。

本物のボディーガードとは?

 

・不審物の検索
・不審者の発見
・待ち伏せの回避
・襲撃場所の予見
・襲撃者の制圧
・襲撃場所からの離脱

などなど

危険からの回避の仕方を
訓練して身につけた者のことを言います。

 

本来SPとは

「Security Police」

警視庁警備部警護課の
要人警護専門の警察官のことです。

SPと言うと

「総理大臣やVIPを護っている人」

こういうイメージになるでしょう?

民間のボディーガードとSPの違いは
警察組織か民間警備会社の違いになります。

組織の違いから護る対象者も

SP=政府要人  BG=民間人

このような形になります。

ボディーガードについて
詳しくはこちらを参考にどうぞ
「SPとボディーガードの違い そして女性も行う訓練内容とは?」

 

用心棒とは?

 

危険回避のノウハウを知らない
金魚の糞のように対象者にくっついているだけの
ただ単に体のでかい格闘家かケンカ自慢

ケンカの仕方は知っていても
とにかく人を護るテクニックは持っていません。

ボディーガードの心構えについて
詳しくはこちらをどうぞ。
「ボディーガードになるには強い意志と心構え そして基本が大事!」

 

 

ボディーガードはストーカー被害者をどう護る?

 

相手がストーカーになるきっかけは
様々な理由がありよくわかりませんが

ストーカーはある程度の
パターン分けが出来ています。

日本のストーカー規制法は
男女の恋愛のもつれを基本としているので

それ以外のトラブルは対象外となっていますし

テレビでよく観るニュースは
殺人などの凶悪事件だけが
ニュースになっているので

「ストーカー=恋愛関係」

こういうイメージが
強くなってしまいます。

警察への相談件数が
年間で2万件を超えるストーカー被害ですが

それらのストーカー行為も
おおむね8パターンに分類されます。

1.つきまとい・待ち伏せ・押しかけ
2.監視しているとわからせる
3.面会・交際の要求
4.乱暴な言動
5.無言電話・FAX・メール
6.汚物の送付
7.名誉を傷つける
8.性的羞恥心の侵害

つきまといなどのように
相手が判る場合は対処も早く取れますが

相手が判らない場合は
少し対処の仕方も変りますし

時間もかかるので一人で悩まず
信頼できる人に早く相談するべきです。

最近はSNSで知り合ってから

「ストーカーに変貌する」

このケースも増えています。

相手の顔も性格も仕事も

「全てが嘘に包まれたストーカー」

が、増えています。

SNSの活用は有意義ですが

「自分は大丈夫」

スポンサーリンク

と、思っているとストーカーに限らず
様々な犯罪に巻き込まれてしまいます。

ストーカーは
自己中心的な支配欲の考えが強いので
自分一人で対応しようとせず

第三者の助けを借りて
対処しないと解決しない場合がほとんどです。

ストーカー規制法の
対象外となってしまっていますが

最近は近隣や職場でのトラブルによる

押しかけや無言電話の
ストーカー行為も増えています。

どちらにしても
警察や第三者に協力してもらわないと
解決できない事案がほとんどです。

 

ストーカー対策を探偵に依頼する

 

誰に相談して良いのかわからず
近くの探偵業者に依頼するケースをよく聞きますが

探偵業者がストーカー行為の証拠を集めて
加害者と対決なんかはテレビの世界であって

本当に危ないと思ったときは
我々に探偵業者から応援依頼があります。

ボディーガードが行うストーカー対策は
被害者の身辺警護をしながら

自宅や会社、又は路上での
ストーカー行為を記録しながら
いつでも逮捕出来るように警察と連携をとります。

最終的には逮捕か
加害者に対してストーカーを謝罪させ
ストーカーを辞める誓約書を書かかせます。

ただ、ストーカーは
辞めると言ってもある程度の期間は
注意して観察する必要があります。

ストーカー対策について
詳しくはこちらをどうぞ。
「ストーカー撃退にはボディーガードと探偵のとちらが良いの?」

ストーカーのタイプ分けなどについて詳しくこちら
「ストーカーのタイプとは?なりやすいタイプ?ストーカーにならない為に!」

 

 

ボディーガードはDVにも対応できる?

 

DVの相談件数は

「10万件以上」

こういうデータもあります。

DV防止法では
同居していない恋人間の暴力は

「対象外」

と、なっています。

 

DVとは
実際にはどんな暴力なのか?

「身体的暴力」

「精神的暴力」

「社会的制限」

「性的暴力」

「経済的暴力」

ここでは詳しい内容は省きますが
夫婦間や恋人同士にしか
わからない場合が多いので

第三者が立ち入るのが
難しい案件です。

ただ、自分の経験では
ストーカーやモラハラ、DVの加害者は

性格というよりも
病気的なことが多いのでDVに関しては

「逃げる」

これがベストだと思っています。

ボディーガードは
安全に逃げるお手伝いをしています。

DVに関して詳しくこちらをどうぞ。
「DV・モラハラを受けやすいタイプとは?被害者の心理と対処方法!」

 

ボディーガードと精神疾患者

 

なぜボディーガードが
精神疾患者の入院移送を行うのか?

やはり危険が伴うことがあるからです。

家族ですら身の危険を感じて
家から逃げている状況もあります。

ボディーガードと精神疾患者との関係は

単純に考えると
ボディーガードが精神疾患者を
力づくで連行しているようなイメージでしょう?

 

他の人は知りませんが
私自身は力づくの経験はありません。

相手の話を聞いて説得して
本人の足で歩いて車に乗ってもらう。

これが基本です。

そのために4時間以上説得したこともあります。

ただ
相手と面と向かって説得できるのも

相手がたとえ逆上したとしても
その時はケガをさせないように
動きを止めさせる

これができないとやはり無理です。

精神疾患者本人は
自分のことを病気とは思っていませんから

通院や入院は拒否しますし
家族には暴力的になってきます。

その暴力から家族を守り
精神疾患者本人の安全も確保しながら

通院、入院のお手伝いをする。

依頼者と対象者の両方の安全を確保する!

これがボディーガードが行う
精神疾患者の入院移送です。

ひきこもり・精神疾患者の入院移送について
詳しくはこちらをどうぞ。
「ボディーガードによる精神疾患者の入院移送はリスクが高い!」

 

 

まとめ

 

 

代表的な
ボディーガードの案件を紹介しました。

これ以外で特殊なものと言えば
留学生の強制退去ですかね。

留学生が不法就労しているので
学校の依頼で強制退去させるために
自分達に依頼が来るときもあります。

このように
ボディーガードの仕事は
多岐にわたっています。

どのようなことでも
一度お気軽にボディーガードに
相談してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

  1. ボディーガード

    DVの心理 DV加害者の特徴と対処方法!

    DVの相談件数は「10万件以上」こ…

  2. ボディーガード

    精神疾患者の入院移送はボディーガードでもリスクが高い!

    なぜボディーガードが精神疾患者の入院移送を行う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ボディーガード

    ボディーガード目線での学校警備と通学路の防犯対策とは?
  2. ボディーガード

    ボディーガードは強い?ボディーガードがお勧めの護身術とは?
  3. ボディーガード

    ストーカーになりやすい人の特徴と心理 対処法とは?
  4. ボディーガード

    私のボディーガードになるきっかけと養成学校を選んだ理由!
  5. ボディーガード

    DVの心理 DV加害者の特徴と対処方法!
PAGE TOP