最新情報・ブログ

体罰は必要だと思いますか?

 

文科省は体罰を

「殴る、蹴るほか
 長時間の正座など
 肉体的に苦痛を与える懲戒」

と規定して

「いかなる場合も
 体罰を行ってはならない」

と通知を出しています。

 

それでも

「体罰は必要」

と考える
指導者や保護者はいます。

 

「体罰は子供の進歩のため」

と言い切る指導者もいます。

 

保護者では

「イジメに勝てる子にしたい」

「周りを見れるリーダーになって欲しい」

当たり前の意見ですが

そのためには

「体罰も必要」

 

ちょっと違うように感じます。

 

 

自分が子供の頃に先生から

「人は言葉でわかる動物だ。
 言葉で注意されて直せないなら
 牛と同じだから殴られる」

こう言われたことがあります。

 

当時は子供ながらに
なんとなく納得していました。

 

 

指導者となった今は
体罰は良くないと思いますが

 

指導者も人間なので

熱くなればなるほど
感情で手が出てしまうことも

否定できません。

 

だからといって
体罰は必要だと言いませんし

体罰はダメだと思っています。

 

結果的には
普段からの信頼関係があれば

その行為が

体罰となってしまうのか
本人への気合い入れか

 

受けた本人が
どう感じているかが

全てだと思います。

 

 

指導者がどう説明しようが
受けた本人が理不尽だと思えば

体罰となると思います。

 

「体罰にも愛がある」

この考えは指導者だけであって
受けた本人がどう思っているか?

「受けた本人が納得できる」

 

これでなければ
全てが体罰だと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

護身術・ストーカー撃退のヒント

ひきこもりのご家族への情報

メルマガ発信しています。

護身術・ストーカー撃退の
無料メルマガ登録はこちら

 

The following two tabs change content below.
アバター

西岡 成則

代表師範極真空手西岡道場
極真会館 五段 (社) 世界総極真 公認師範 S40年4月19日生 洲本市出身 はテレビ(関西テレビ 「ナンボDEなんぼ」 2007年7月14日放送)でも取り上げられたSPのインストラクター。現役SPから見た護身術等も稽古の一環として取り入れている。
アバター

最新記事 by 西岡 成則 (全て見る)

NPO法人 極真会館 西岡道場 事務局
〒658-0027
神戸市東灘区青木5-4-15-303
078-435-1457
極真空手道場入会案内
  • 西岡道場へのお問合せはこちら
  • 西岡道場のブログ
  • 西岡道場の公式Facebookページ