最新情報・ブログ

ナイフにタオルで対抗できると思いますか?

全日本大会3

訓練の1ページとして
対襲撃訓練があります。

この時はやはり
極真カラテはとても有効です。

特に相手との間合い
そして前蹴り
他の技より一番有効です。

極真カラテで黒帯になってから
自衛隊時代の警棒訓練中はいつも

「片手に警棒があれば10人は軽く倒せる」

と思っていました。
しかし
民間のSP
いつも特殊警棒を持っているとは限りません。

 対ナイフ訓練
は、自分の道場で行ったのですが
ナイフに対して素手でどう戦う?
と、考えたとき

護身術とし
ていろいろ教え方はあると思いますが

SPの訓練では
まず襲撃を防ぎながら
クライアントを逃がすのが目的です。

手の届く物で使える物は

何でも有効的に使えるように考えるのが基本です。

タオル一枚でも意外に時間稼ぎもできるし
相手を制圧するのにも使えます。

たまたま自分がタオルを持っていたので
使ってみると役に立ちました(笑) 

この時に一緒に離脱訓練もしたのですが
初めて動けない人を抱えて走るのが
どれだけ大変かわかりました(笑)

消防のレスキューは尊敬します(笑) 

SPの場合は
襲撃された時に
クライアントが動けなくなったことを想定して
腰などを抱えて逃げる訓練が多いのですが
一瞬のことなので訓練しておかないと
なかなかうまく動けませんし
そのまま車に乗せるのも結構難しいです。 

対襲撃
現場離脱(クライアントと一緒に逃げる)
の時は
極真カラテの技術、体力は有効ですし
いろいろな武道の経験は有効です。

でも
この状況は
警護としては失敗の状況ですからね(笑)

本当に失敗した警護で
クライアントを守りながら逃げる
最後の手段が格闘能力になります。 

一度警視庁のSPが襲撃されたとき
(実際には警護対象者の近くに空き缶をなげられた)
のビデオを見たのですが
立ち止まってしまった警護対象者を
一瞬でSPが取り囲んで
あっという間にその場から立ち去った動きは
「さすが」
の一言でした。

何事も準備が一番です!

当たり前ですが(笑)

メルマガ登録はこちら

The following two tabs change content below.
アバター

西岡 成則

代表師範極真空手西岡道場
極真会館 五段 (社) 世界総極真 公認師範 S40年4月19日生 洲本市出身 はテレビ(関西テレビ 「ナンボDEなんぼ」 2007年7月14日放送)でも取り上げられたSPのインストラクター。現役SPから見た護身術等も稽古の一環として取り入れている。
アバター

最新記事 by 西岡 成則 (全て見る)

NPO法人 極真会館 西岡道場 事務局
〒658-0027
神戸市東灘区青木5-4-15-303
078-435-1457
極真空手道場入会案内
  • 西岡道場へのお問合せはこちら
  • 西岡道場のブログ
  • 西岡道場の公式Facebookページ