最新情報・ブログ

発達障害者の本音

モデルの栗原類さんが
自身の発達障害について
述べている記事がありました。

栗原さんは
NYで8歳の時に
ADD(注意欠陥障害)
と、診断され

母親は
「今すぐ告知する必要はない。
 本人が理解できるタイミングで伝えるべき」
と、言われたそうです。

栗原さんは
アメリカでは
発達障害への支援が充実しているのに比べて
日本はまだ発達障害への理解が進んでいない

日本の教育は

みんなに合わせられないのは
努力が足りない

という、風潮が強く

支援もなく、放置されることが多い

と、感じているようです。

 

栗原さんの母親も同時に
ADHD(注意欠陥、多動性障害)
と、診断されたそうで

母親は大人になるまで
自分が発達障害だと知らなくて
何度も失敗を重ねながら
周りの人に追いつく努力を必死にしたそうです。

栗原さんは
発達障害は
努力しても
100%克服できるものではない
と捉えていて

発達障害だから大目にみてもらおう
と、思っているわけではないが
できないことは
周囲にサポートを求める事は
悪いことでは無い

どこまでできて
どこまでができないのか
見極めが難しいですが

相性の良い主治医を見つけ
家族や友人以外の視点から
客観的にアドバイスしてくれる
専門家の力を借りて訓練していくのが良い

と、考えています。

 

「統合失調症」
の、場合も同じだと思います。

まずは
相性の良い主治医
を、見つけるのが大切です!

 

自分の道場においても
もしかして・・・
と、思えるような
子供も確かにいました。

 

自分はSPとして
精神疾患者の入院移送も行っているので

統合失調症とは?

から始まって

不登校から
ひきこもりになって
精神疾患になってしまう。

不登校の理由は?

発達障害も一つの要因?

などなど

たくさんのセミナーに参加して
精神疾患や発達障害についても
それなりに勉強してきたつもりですが

当事者の気持ちを聞ける機会は少ないので
栗原さんの考えは
とても参考になりました。

 

お読みいただきありがとうございました。
護身術・ストーカー撃退・精神疾患者のご家族への情報などを
メルマガ発信しています。

是非、登録をお願いします!

護身術・ストーカー撃退の
無料メルマガ登録はこちら

 

The following two tabs change content below.
アバター

西岡 成則

代表師範極真空手西岡道場
極真会館 五段 (社) 世界総極真 公認師範 S40年4月19日生 洲本市出身 はテレビ(関西テレビ 「ナンボDEなんぼ」 2007年7月14日放送)でも取り上げられたSPのインストラクター。現役SPから見た護身術等も稽古の一環として取り入れている。
アバター

最新記事 by 西岡 成則 (全て見る)

NPO法人 極真会館 西岡道場 事務局
〒658-0027
神戸市東灘区青木5-4-15-303
078-435-1457
極真空手道場入会案内
  • 西岡道場へのお問合せはこちら
  • 西岡道場のブログ
  • 西岡道場の公式Facebookページ