最新情報・ブログ

フェイスブックがテロ対策!

 

フェイスブックは

テロをあおるなど
過激な投稿を削除するため

人工知能のAIを活用始めました。

 

SNSが過激思想を拡散していると
批判が高まった結果です。

 

過去に削除したテロ関連の

画像や文章が
繰り返し投稿されるのを防ぎ

テロ思想と関連付けた
アカウントや投稿を

特定するのに活用しています。

 

同時に

「人間による監視」

も強化しています。

 

グーグルの日本法人は

スマホ向けに音声対話型のAI

「グーグルアシスタント」

の日本語版を提供始め

AIの活用で
端末の使い勝手を向上させています。

 

ロンドンでも

「過激思想の拡大を食い止めるため」

としてSNSの対策強化を訴えています。

 

イギリスでのテロの主犯格の一人は

アメリカの
イスラム教指導者の説教を聴いて

影響を受けていたとされています。

 

 

SNS企業は
憎悪に満ちた投稿を

迅速に削除することが出来ていません。

 

過激思想家は

古いアカウントが閉鎖されると
すぐに新たにつくるため

悪い内容が
企業の取り組みをすり抜けています。

 

特にライブ動画は確立が高く

殺人の様子をアップロードされ
数時間はアクセスが可能でした。

 

フェイスブックは

社会的責任に関する
7つの難問を世に問う

プロジェクトを発表しました。

 

ユーザー数が
20億人となったフェイスブックは

「我々の決定が
 人々が世界について知る方法と
 人々と交流する方法に影響を与える」

として

・テロリストがSNSを活用して
 プロパガンダを広げることを阻止できるか?

・ユーザーの死後
 そのユーザーのオンラインでの
 アイデンティティはどうあるべきか?

・問題のある投稿をどの程度監視・削除すべきか?
 問題があるということをどう判断するのか?

・虚偽ニュースの定義は誰がするのか?

・SNSは民主主義にとって良いものなのか?

・人々の信頼を裏切らずに
 全ての人の利益のためにデータを使う方法は?

・ユーザーに安全な環境で
 自己表現してもらう新しい方法とは?

 

これらについて

1テーマずつブログを投稿し

それについての
フィードバックを求めていく。

 

SNS企業の努力と

ユーザーのモラルが

問われる時代となり

 

テロや犯罪にSNSが活用され

そのSNSの情報を
個人個人が選ばないとダメな時代です。

 

お読みいただきありがとうございました。

護身術・ストーカー撃退のヒント

ひきこもりのご家族への情報

メルマガ発信しています。

護身術・ストーカー撃退の
無料メルマガ登録はこちら

The following two tabs change content below.
アバター

西岡 成則

代表師範極真空手西岡道場
極真会館 五段 (社) 世界総極真 公認師範 S40年4月19日生 洲本市出身 はテレビ(関西テレビ 「ナンボDEなんぼ」 2007年7月14日放送)でも取り上げられたSPのインストラクター。現役SPから見た護身術等も稽古の一環として取り入れている。
アバター

最新記事 by 西岡 成則 (全て見る)

NPO法人 極真会館 西岡道場 事務局
〒658-0027
神戸市東灘区青木5-4-15-303
078-435-1457
極真空手道場入会案内
  • 西岡道場へのお問合せはこちら
  • 西岡道場のブログ
  • 西岡道場の公式Facebookページ