最新情報・ブログ

終戦記念日

 

終戦記念日

 

今年もこの日が来ました。

 

戦後72年が経ち

日本社会は本当に
平和な暮らしが続けてこれたと思います。

 

 

戦艦大和の士官が
出航直前の乗組員に対して

「負けてこそ変われるものがある
 その先駆けに自分達が征くのだ」

落胆している乗員に言った言葉です。

 

特攻隊員が出撃直前に

「自分は靖国にはいかないよ
      天国にいくから」

妹さんに言った言葉です。

 

戦争で負けない限り
間違った軍国主義は変わらない

死んで軍神となるという
精神主義は間違っている

 

 

自分は元海上自衛官なので
根本的な考え方は完全な右ですが

 

このように
世界情勢や国のあるべき姿を

冷静に考え、判断できる

多くの優秀な若い人が
戦争で犠牲になったのは事実でしょう。

 

 

北朝鮮のミサイル問題で

日本の防衛は新たな展開となっています。

 

・ミサイル迎撃武器は十分なのか?

・アメリカに向いたミサイルを

 日本が迎撃するのか?

・敵基地攻撃をしないのか?

 

国防を考えたとき
当然の議論なのですが

 

アメリカに向いたミサイルの迎撃と

敵基地攻撃は

完全に戦争状態に入ることになるでしょう。

 

北朝鮮のような
独裁国家に対しては

ある程度仕方ないような気もしますし

 

その他の国に対する外交問題で
武力を背景とした外交も必要でしょうが

 

日本はそれで良いのかな?

と、考えてしまいます。

 

 

72年前の敗戦によって
良くも悪くも平和憲法から

日本の外交は弱腰となり

相手の言い分を受け入れることが
外交となってしまったと思います。

 

ただ

その副産物として中東諸国からは

「戦争をしない国」

として信頼されたのも事実です。

 

中東諸国で活動する日本人の危険を
現地住民が護ってくれた事案が

沢山あることも事実です。

 

PKOでも

駆け付け警護が任務化され
現地で武力を使う日が来るでしょう。

 

日本の自衛官は当然として
現地の人が巻き込まれることも
当然あり得るでしょう。

 

自衛隊も他国の軍隊と同じように

軍隊として当たり前の行動
が、出来るようにするべきだとは思いますが

 

仲間を護るための

駆け付け警護は仕方ないとも思いますが

 

活用の仕方は

他国と一線を画すべきと思います。

 

せっかく築けた信頼を裏切らず

その国にあった協力の仕方を模索すべきで

 

常に日米安保・・・

 

武力はやはり自衛のためとすべきでしょう。

 

お読みいただきありがとうございました。

護身術・ストーカー撃退のヒント

ひきこもりのご家族への情報

メルマガ発信しています。

護身術・ストーカー撃退の
無料メルマガ登録はこちら

The following two tabs change content below.
アバター

西岡 成則

代表師範極真空手西岡道場
極真会館 五段 (社) 世界総極真 公認師範 S40年4月19日生 洲本市出身 はテレビ(関西テレビ 「ナンボDEなんぼ」 2007年7月14日放送)でも取り上げられたSPのインストラクター。現役SPから見た護身術等も稽古の一環として取り入れている。
アバター

最新記事 by 西岡 成則 (全て見る)

NPO法人 極真会館 西岡道場 事務局
〒658-0027
神戸市東灘区青木5-4-15-303
078-435-1457
極真空手道場入会案内
  • 西岡道場へのお問合せはこちら
  • 西岡道場のブログ
  • 西岡道場の公式Facebookページ