最新情報・ブログ

精神疾患者の入院に立ち会ったけど・・・

精神倒れた男

対象者は50代の男性で
依頼者は息子さんでした。 

早くに離婚していたのですが
町工場の社長さんでした。

経営がうまくいかなかったのと
人から裏切られたりで借金が膨らみ
おかしな言動が始まったようです。

息子さんは
工場を売って終わらせたい
と、思っているのですが
お父さんとは話がかみ合わず
病院に相談すると
「統合失調症」
と診断され
「連れて来れば入院できる」
と、言われたようで
自分の所に連絡が来ました。 

緊張しましたが
一緒に行くメンバーは
アカデミーの卒業生なので
怪我をさせないよう
「合図をするまでは待機して」
と、言って
自分だけ部屋に入りました。 

本当にどうなるかわからないので
「さあ、どうする?」
の状況で
工場の2階の住居に入ると
真っ暗!

3部屋あったのですが
暗い中でもぐちゃぐちゃなのが見えて来て
「なんだこりゃ!」
「やばい!」
「まいったな~・・」

と思いつつ対象者がいるリビングへ。

対面した瞬間に
「誰やお前!」
と、跳びかかってきそうな勢い!

階段で待機した卒業生が
飛びだそうとしたのを
手の合図で制止して
対象者をなだめながら約2時間。 

テーブルには

フォーク
など
凶器になりそうな物ばかりで
注意しながら
対象者がどの話題で噛み合うかを
ずっと探しました。

すると警官の悪口が多くなり
警官が自分の事を
「異常者扱いする」
と不満が多くなってきたので
「警官も人それぞれだから」
と言って
「じゃ、今から病院で異常者じゃないと診断書をもらいましょう!」
と、言うと
「判った。行こう」
と言ったので速効で車に乗せました。

病院では対象者の希望で
自分も医師の診断に立ち会わされたのですが
「当然入院宣告」です。

対象者から
「あんた、なんとか言ってくれよ!あんたを信用して来たのに!」
と、言われましたが
答えようが無かったです・・・

初めてにして
本当に嫌な感じの終わり方でした・・・

メルマガ登録はこちら

The following two tabs change content below.
アバター

西岡 成則

代表師範極真空手西岡道場
極真会館 五段 (社) 世界総極真 公認師範 S40年4月19日生 洲本市出身 はテレビ(関西テレビ 「ナンボDEなんぼ」 2007年7月14日放送)でも取り上げられたSPのインストラクター。現役SPから見た護身術等も稽古の一環として取り入れている。
アバター

最新記事 by 西岡 成則 (全て見る)

NPO法人 極真会館 西岡道場 事務局
〒658-0027
神戸市東灘区青木5-4-15-303
078-435-1457
極真空手道場入会案内
  • 西岡道場へのお問合せはこちら
  • 西岡道場のブログ
  • 西岡道場の公式Facebookページ