最新情報・ブログ

誰もが孤立しない社会とは?

精神男1

相模原の障害者施設の事件後

措置入院のあり方や
薬物の影響?

での奇行が注目されましたが

自分としては
計画的な行動から

「精神疾患者」

と、いうより
人格異常?
の、ように思っていました。

 専門家の中には
犯人は

躁鬱

の状況で
躁の状態では

「 金髪にしたり」
「タトゥーを入れたり」
「自分が救世主になっていた」

などの奇行は
珍しくないそうです。

自分も措置入院の
退院が早すぎると感じていたのですが

専門家の意見では
状況的には退院の判断は
妥当と判断する人が多いようです。

 一番大事な事は
退院後の対応
ですね。 

自分も入院移送をしていて
退院後の様子は
以前と変わらず
本人任せの人が多いので

「 通院をしなくなったり」
「薬を飲まなくなったり」

して、 再発してしまう状況が多いです。

どうすれば
社会の中で
様々な状況の人が

孤立せずに暮らしていけるのか?

その為には
必ず

人が必要
となります。

人が必要となれば

制度が必要
となります。

今の状況は
施設が満杯で
人や経費の問題で
入院のハードルは高くなり
反対に
退院の時期は早まります。

施設ではなく
社会の暮らしの中での
見守りの制度を作っていかなくては
状況は改善しないと思っています。

メルマガ登録はこちら

The following two tabs change content below.
アバター

西岡 成則

代表師範極真空手西岡道場
極真会館 五段 (社) 世界総極真 公認師範 S40年4月19日生 洲本市出身 はテレビ(関西テレビ 「ナンボDEなんぼ」 2007年7月14日放送)でも取り上げられたSPのインストラクター。現役SPから見た護身術等も稽古の一環として取り入れている。
アバター

最新記事 by 西岡 成則 (全て見る)

NPO法人 極真会館 西岡道場 事務局
〒658-0027
神戸市東灘区青木5-4-15-303
078-435-1457
極真空手道場入会案内
  • 西岡道場へのお問合せはこちら
  • 西岡道場のブログ
  • 西岡道場の公式Facebookページ